大村亘

Ko Omura  Drummer, Composer and Tabla Player

 

1981年東京都出身。

 

幼少の頃よりアメリカで育ち、その頃よりクラシカルピアノを通じて音楽と触れ合う。青少年時代をオーストラリアで

過ごし、高校に進学した時からドラムセットを本格的に学び始める。シドニー大学、シドニー音大ジャズ科に進学し、

在学中より国内の素晴らしいミュージシャン達と演奏する機会を得る。中でも著名なのが故Art Blakeyが晩年共にツアー

していたテナー奏者Dale Barlow。氏とは師弟関係にもありながらも、多くのステージやレコーディングも経験した。

在豪時にはオーストラリアの若手の登竜門で著名なBilly HydesDrumcraftドラムコンペにおいても優勝し、SABIAN CYMBAL

ともスポンサー契約を結んだ。Jazz, World Music, Pops等ジャンルを問わず多岐に渡る活動を展開する。

 

2006年帰国し、活動拠点を東京に移す。

 

横浜JAZZ PROMENADE 2006, 2008, SAPPORO INTERNATIONAL JAZZ FESTIVAL 2008, TOKYO JAZZ 2008, 2009,

NHK Session 2010~2013, NHK-BSエルムンドなどといったメジャーなジャズフェスティバルや番組にも多数出演。

 

海外のアーティストとも共演が多く、中には元ECMアーティストであるMIKE NOCK氏のトリオ、米グラミー賞

ノミネートのBARNEY MCALL氏のトリオ等をはじめ、国内問わず海外のアーティストからも厚い信頼を得ている。

 

今までで公演した国はインド、ヨルダン、中国、香港、台湾、アメリカ、オーストラリア。

 

2013年からはインド古典音楽界の若き巨匠、タブラのグルであるPandit Yogesh Samsiに弟子入りし、

タブラの音節やインド音楽の研磨も開始した。

2015年に文化庁より新進芸術家海外研修員として選定され2016年年明けよりインドムンバイにて80日間の研鑽を行う。

 

現在は自己のトリオはじめ、Mike Rivett(ts,electronics)佐藤浩一(p)池尻洋史(b)からなるカルテットBungalow,

中村真Trio, 小沼ようすけTrioの他にフリーで様々なプロジェクトに参加している。 

 

主な共演者暦

 

Trilok Gurtu, 八木美知依、大野俊三、鈴木良雄、増尾好秋、Fried Pride, Shiho, 横田明紀男, 押尾コータロー、吉野弘志、元岡一英、竹内直、かみむら泰一、中村真、岡崎好朗、山口真文、金子雄太、大口純一郎、外山明、野力奏一、井上信平、高内春彦、原朋直、米木康志、安ヵ川大樹、ハクエイ・キム, 大村朋子、石田衛、ヨシダダイキチ、小沼ようすけ、永田利樹、芳垣安洋、西藤ヒロノブ、定村史郎、中村恵介、山田拓児、山本昌広、池尻洋史、

須川崇志、杉本智和、柳隼一、佐藤浩一、徳田雄一郎、西口明宏、吉本章紘、太田朱美、山田貴子、小池純子

マーク・トゥーリアン、レッド・ホロウェイ、マイク・ノック、バーニー・マッコール、ジョン・エリス、マット・クローシー

デビー・ムーニー、ヨリス・ポスマス、ティム・アマコスト、グレン・ザレスキー、デイル・バーロウ、

ロベルト・ベラステギ、スティーブ・バリー、デイブ・ジャクソン、マイク・リベット

ジム・ファネル、フェデリコ・カサグランデ、ジャニ・デニット、他多数。

 

 

© 2023 by Sunshine Lab. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now